★2 入力 x 4 出力搭載 USB オーディオ・インターフェース

DuetはiPad、iPhone、iPod touchなどのiOSデバイス、そしてMac、Windows 10環境にて場所を選ばずにプロフェッショナルなレコーディングを可能にするUSBオーディオ& MIDIインターフェイス&ヘッドフォン・アンプです。
レジェンドとも言えるApogeeのデジタル・オーディオ変換とワールド・クラスのマイク・プリを搭載し、音の奥行きと繊細なディテイルまでをレコーディング可能です。

DuetはMac&Windows10のUSB 2.0 環境下での使用に加え、iOSデバイスへのダイレクトな接続のためにデザインが一新され、低レーテンシーかつ、高音質ばレコーディング、プレイバックを可能にしました。加えてUSB MIDI端子も搭載しており、Core MIDI対応のキーボード、コントローラーをお使いいただけます。

・Duetを接続中、iPhone、iPod Touch、iPad に電源供給。
・48V ファントム電源搭載の高音質マイク・プリアンプ搭載のアナログ入力 (マイク、楽器、ライン機器を入力可能)
・iOS デバイス(Lightning、30ピン※Lightning 及び30ピン・ケーブル別売りです)及び、USB (Mac&Windows)接続可能
・インプット・セレクション、ローレーテンシー・モニタリング、ハードウエアをソフトウエア・コントロールが可能
・iOS7対応( iPad, iPhone, iPod touch)

●Apogee Duet がスタジオに最適な理由。
Apogeeは25年以上に渡る社歴を通じてデジタル・オーディオ技術を牽引する存在です。多くのレコーディング・プロフェッショナルに愛用され、Apogee製品がレコーディングに使われた作品から多くのグラミー、オスカー受賞作品が誕生しています。
Duet もこの20年以上にわたる、業界標準のもと製造されています。

●実感するその違い
マイク・プリアンプ、AD/DA、クロック精度、DuetはApogeeの持つクラス最高品質の先進技術の結晶です。Apogeeのエンジニアが厳しい視聴検証を経て厳選したコンポーネンツ、高度に効率性に優れたサーキット。Duetはこれまでの音質から「明らかな違い」を実感するべく誕生しました。

●由緒正しく、次世代
Duet のAD/DAコンバーターは最もピュアでベストなリスニング体験をお届けすべく設計されています。Duetの効率性に優れたサーキット、最高品質のコンポーネンツはシグナル・パスが最大限にシンプルに構成され、それにより、驚異的に原音に忠実なレコーディングを実現しています。

●スムーズ、ディテイル、ワールド・クラス・マイク・プリアンプ
AD/DAと同じくDuet のマイク・プリアンプにも最新にして厳選されたコンポーネンツが採用されており、クリックなしのシームレスなゲイン・コントロールが可能です。加えて、ゲインは本体のコントローラー・ノブ、ソフトウエアの両方で調整可能です。この機能により最大75dBのゲインをソースに合わせて、しかも、本体からでも、ソフトウエアからリモートでもコントロールが可能なため、素早く、ソースに最適なゲイン調整が可能。
低ノイズかつディテイルまでをレコーディング可能です。Duet のマイク・プリはダイナミック、コンデンサー、リボンマイクを使用可能、一切の妥協することなく音をキャプチャーすることが可能です。

●ソフト・リミット - デジタル・オーバーの保護
1992年にApogee AD-500コンバーターにて登場の独自技術です。ソフト・リミットは世界中のプラチナム・レコードにて聴くことが可能な定番技術です。Apogee 最新コンバーターにも搭載のこの技術はDuetにも搭載。Maestro ソフトウエアにて、コントロール可能です。

ソフト・リミットはADコンバーターの前段階でトランジェントを抑え、デジタル・クリップを防止するアナログ・デザインです。
加えてアナログの温かみをサウンドに加えると同時にレコード・レベルの最大化が可能です。

●ESS Sabre32 DAC テクノロジー
ESS Sabre32 タイム・ドメイン・ジッター・エリミネーター搭載32-bit ハイパーストリームDACは比類なきダイナミック・レンジ、
超低歪み、インプット・ジッター・フリーのクリアーな音質を実現しています。

※最新の動作環境はメーカーサイトにてご確認の上、お求め下さい。

ボッシュ バッテリーインパクトドライバー GDR10.8V-EC BSHA4573【smtb-s】

Duet【p6】【数量限定特価!Apogee Apogee Duet 発送対応】 2018】【あす楽対応】【土・日・祝 Promotion-オーディオインターフェイス

ラウンジトップへ